かに通販の重さ指定で失敗

HOME » 口コミ集 » かに通販の重さ指定で失敗

かに通販の重さ指定で失敗

かに通販では重さを指定してかにを購入できるシステムもあります。
重さで指定しておけば、立派なかにが間違いなく届くと思いますよね。
実際に、重さ指定で購入し、満足できる立派なかにを心行くまで堪能できたという人が多いです。
とても便利な購入方法と言えるでしょう。
しかし中には重さ指定で購入したことを後悔している人もいます。
そんな失敗談をご紹介しましょう。

たとえばTさんの場合、重さ指定で購入した結果、インターネットの広告に掲載されているような肉厚なかにではなく、身がスカスカで、食感もバサバサしたかにが届いてしまいました。
これはかに通販でよくあるトラブルですよね。
しかし重量で指定すれば、このようなトラブルは防げそうなものです。
なぜこのような結果になってしまったのでしょう。

考えられる理由は二つあります。
まず一つ目は、冷凍状態の重さと解凍状態の重さが違うというポイントです。
これは若干ですが、解凍状態の方が軽くなります。
生のかにを冷凍した時点では、重量はほとんど変化しません。
冷凍すると、かにの肉に含まれていた水分が氷結し、分離しますよね。
解凍するとこの水分が溶けだしてしまいますので、重量が減ってしまうのです。
これにより、実際に食べるときはかにの肉が痩せ細り、重さが減ってしまうのです。

もう一つの理由は、Tさんがかにの種類や個体差まで考慮していなかったことでしょう。
Tさんが注文したのは、ズワイガニでした。
ズワイガニは味が濃いのが特徴で、かに好きにはたまらないかにと言えますが、肉厚なかにとは言い難い種類なのです。
身がぎっしり詰まっている食べ応えのあるかにを食べたいのであれば、タラバガニを注文するべきでしょう。
そして個体差です。
たとえば身の詰まり方は、主にかにの脱皮のタイミングで変わってきます。
脱皮した直後のかには身が痩せています。
つまり同じ種類のかにで同じ重さでも、個体によって甲殻と肉との比重が違うのです。

「かに通販はどのような注文方法であっても、ある程度運の要素で満足度が左右されてしまうのは仕方ないこと」と承知しておくことが重要なのです。

口コミ集 | 10月30日更新